花粉症について

  1. トップ>
  2. 花粉症について

花粉症の注射治療

毎年2月頃からスギ花粉が飛びだしますが、当院では2月最初から注射治療を行い、症状の軽減、消失に努めています。

花粉症治療について

今出ている症状の原因を正確に把握するため、まずはアレルギー検査を行います。アレルギー性鼻炎の原因が花粉なのかハウスダストやダニといったものなのかを判断します。花粉症の場合、症状は一人ひとり違いますので、薬の量や種類を変え、患者様に「本当に合う」薬を探して治療していきます。

内服薬

花粉症治療に用いられている抗ヒスタミン薬を毎日きちんと飲むことで症状が抑えられます。スギ花粉の飛散が始まる約2週間前から内服し始めると、症状が出てから飲み始めるのに比べて、花粉症の各種症状が軽く済みます。特に鼻水、くしゃみが強い患者様に効果的です。

鼻スプレー

完全に鼻がつまってしまうと症状が改善するまでに時間がかかるため、鼻づまりがひどい患者様には内服薬との併用をお勧めしています。抗ヒスタミンだけでは症状が改善しにくいので、重症の鼻づまりには鼻噴霧用ステロイド薬が有効です。

点眼

花粉症の症状で多くの方が困っておられる目のかゆみや、ゴロゴロした違和感には、抗アレルギー剤の目薬や抗ヒスタミン剤の目薬で症状を抑えます。通常は使用を開始してから徐々に効果があらわれ、数日から2週間くらいで効果が安定しますので、本格的な飛散の前から毎日使用することをお勧めしています。

花粉症の原因

体の中に異物(アレルゲン)が侵入すると、異物を体内から排除しようとする働きが人間の体には備わっています。例えば、くしゃみや鼻水、涙で花粉を対外に排出しようとしたり、鼻づまりで花粉を中にいれないようにしたり。しかし花粉のように、体にそれほど害のないものまで撃退してしまおうとする免疫システムが、過剰な反応(アレルギー反応)を起こし、花粉症の症状を引き起こすのです。

花粉症のメカニズム

  1. 体内のリンパ球が花粉を「異物」と認識して、「IgE抗体」をつくる。
  2. 再び花粉が体内に侵入すると、アレルギー反応を引き起こす科学物質を放出する。
  3. 目の充血、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどのアレルギー症状がでる。

花粉症カレンダー

花粉症カレンダー

日本では、スギやヒノキの花粉症が多いため『花粉症=春』と思われているかもしれません。しかし、日本は南北に細長い地形のために地域差があり、花粉症の原因となる植物の特徴や飛散時期も異なります。下の花粉カレンダーのように、ほぼ一年中花粉が舞っており、秋に飛ぶイネ科、キク科植物などの花粉によっても花粉症は起こります。